プロフィール -BIOGRAPHY-

私は身の周りにある身近なものを描いています。
アトリエの前には庭があり、四季折々の花が咲きます。
それらは素朴な花が多いのですが、日によってその年によって、見え方が全く違うので、何度見ても飽きることはありません。
子供の頃は、よく庭で遊んでいました。
庭にはたくさんの蟻がいて、巣穴に水を注いだり、飴を置いたり、踏んで穴を塞いだりしました。

けれども翌日には、きちんと元通りになっていて、それはとても不思議でした。
大学を出てしばらくした頃、私は自分が何を描けばいいのか、日本画とは何なのかが分からなくなり、絵が描けなくなりました。
そんなときふと、庭の蟻を思い出しました。
蟻はどこにでもいました。
ー草の上、花の上、皿の上、畳の上、時には肩の上にも。
冗談のような、語呂合わせの話なのですが、私は、私の絵の全てが『アリ』なんだと思えたのです。

それから私の絵には、必ず蟻が登場するようになりました。


私の絵に登場する赤いアリは、『有り、在り、あり』と肯定してくれます。
赤いアリは、私であり、あなた。
留まったり、後ろに向かったりしながらも、最後には必ず、明るい方へ、明るい未来へと進んでゆくのです。

略歴

群馬県富岡市に生まれる
2000年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業
      卒業制作 帝京大学買上
2002年 同大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
      修了模写 台東区買上
      修了制作 図書館情報大学(現筑波大学)買上
2004年 企画展・グループ展(アトリエU.E/富岡)~以後毎年
2006年 個展(広瀬画廊/高崎)~’12年
2007年 二人展(あらかわ画廊/京橋)~以後隔年
2008年 みどりの息吹き(高崎市タワー美術館/高崎)
2009年 郷土の作家展(富岡市立美術博物館/富岡)同’10年 ’11年 ’12年 ’14年
2011年 個展(高崎髙島屋/高崎)~以後隔年
      上野瑞香日本画展 ―アリな世界―
(富岡市立美術博物館常設展示室/富岡) 
2013年 アート昆虫ワールド(高崎市タワー美術館/高崎)
2014年 森の中の美術展XV (中之沢美術館/前橋)
2015年 花笑み-日本画花だより(高崎市タワー美術館/高崎)
2016年 開館15周年記念 タワー美術館ランキング(高崎市タワー美術館/高崎)
2019年 山種美術館日本画アワード
      ―未来をになう日本画新世代― 入選(山種美術館/広尾)

その他グループ展多数

-STATEMENT-

 I’m painting ordinary things that are around me. For example, I love my garden, so I often paint plants.

 When I was a child, I played in my garden. I found many ants, and I was very interested in them. Later, when I had trouble paintings, I wondered what should I paint. Suddenly I remembered the ants in the garden. Ants are everywhere: on the grass, on your dish, on tatami mats, and also on your shoulder. They are very common. In that way, I thought that all things were “ari” in my paintings.

The sound “ari” in Japanese means both “ants” and “I exist”. The red ants were an affirmation of me and my painting style. My ants symbolize me, you and us. The ants often go around the side of the painting to continue their journey. All my ants are going towards the bright side of life.

I’m using mineral pigment grains because I love the color and reflection. Calcite pigments have the best reflection.

-BIOGRAPHY-

Born in Gunma, Japan
Live in Saitama, work in Gunma, Japan

*Education
2000 Graduated with BFA in Japanese Painting from Tokyo University of the Arts
2002 Completed MFA in Japanese Painting(Prof. Sawato Hukui)at Tokyo University of the Arts

*Solo Exhibition
2015 “Things Connected to My Life”, Takashimaya Art Gallery, Takasaki, Gunma
2013 “The Line of Ants Goes on Forever”, Takashimaya Art Gallery, Takasaki, Gunma
2011 “Mizuka Ueno ―The Strange and Wonderful Ants’ World”, Tomioka City Museum of Art, Gunma
“La Vie en Rose”, Takashimaya Art Gallery, Takasaki, Gunma
2010 “Aris(Ants)in Space” ,Gallery Hirose, Takasaki, Gunma
2009 “Aris(Ants)in Wonderland” ,Gallery Hirose, Takasaki, Gunma
2008 “Things Around Me”,Gallery Hirose, Takasaki, Gunma
2007 “Ants with Many Kinds of Flowers”, Gallery Hirose, Takasaki, Gunma
2006 “Ants,Where Are You Going” ,Gallery Hirose, Takasaki, Gunma

*Selected Group Exhibition
2015 “Happy Spring Flowers ―Approach of Japanese Paintings”, Takasaki Tower Museum of Art, Gunma
“Art Exhibition in a Forest”, Nakanosawa Museum, Maebashi, Gunma, 2014
“Artist of Native District”, Tomioka City Museum of Art, Gunma, 2009~
2014 “Nobuko Suzuki,Mizuka Ueno Exhibition ”,Gallery Arakawa, Tokyo, 2007~
2013 “World of Insects of Art”, Takasaki Tower Museum of Art, Gunma
2011 “Collections of Taito City”,The University Art Museum‐Tokyo University of the Art, Tokyo, 2008
2008 “Breath of Verdure”, Takasaki Tower Museum of Art, Gunma
2007 “The Testimony of a Self‐portrait”, The University Art Museum‐Tokyo University of the Art, Tokyo

*Group Exhibition
Tokyo, Takasaki, Tomioka, Maebashi, Kyoubashi, Myouko, Izumozaki

*Other Works
Art Workshops: Takasaki Tower Museum of Art, Gunma・The Museum of Modern Art, Gunma
・Tomioka city museum of art, Gunma・Gunma Museum of Art, Tatebayashi
       
*Collections
Taito City,Tokyo・Teikyo University, Tokyo・University of Tsukuba, Ibaraki